そらマメさん道路局

以前のブログから、道路関係と一部の公共交通の話を分離させたもの。鉄道関係・新聞流通の話は、別ブログで。

関門自動車道の領収書 ◇

 [E2A] 関門自動車道(下関IC~門司IC)の通行料は、途中の関門橋の部分のみ、1kmあたり64円(普通車)の価格になっている。他の陸地は地方部料金の1kmあたり24.6円(普通車)。

 現在、関門橋の割高区間をETC利用時に限り、地方部区間と同等の価格に引き下げる調整処置が行われている。この前の山口ドライブの際、門司港ICの図鑑製作を理由にワザとそこで退出したが、その際、利用証明書(領収書)を発行したので、その様子を。

f:id:fuwafuwaame:20200522173258p:plain

 小月IC~門司港ICを軽自動車で利用した場合、無割引だと740円となるが、関門橋の割高区間を地方部料金に調整した結果、150円を差し引いて590円となった。ちなみに、下関IC~門司港ICの場合は、無調整で軽自動車で320円、調整後は260円。普通車だと370円→280円に調整される。

 もちろん、ETCの場合はコレが基本料金となり、そこから時間帯割引・多頻度割引が重複適用となるため、総じてETCを使うと割安感が出るのは当然のこと。

 地味ながらもこうした二重割引があるからこそ、関門都市圏の経済や文化的交流をサポートしていると言える。