そらマメさん道路局

以前のブログから、道路関係と一部の公共交通の話を分離させたもの。鉄道関係・新聞流通の話は、別ブログで。

大分県に残る「高・中速車」の標識

 大分県内の日帰り道の駅スタンプラリーを昨日行ったが、その時に中津市本耶馬渓町国道500号で、「高・中速車」の補助標識が入った速度規制標識を確認した。

f:id:fuwafuwaame:20201028195859j:plain

腐敗は進んでいるが、可読は可能。

f:id:fuwafuwaame:20201028195927j:plain

フェレット)交換すりゃいいのに……?

trafficnews.jp

 以前は車両ごとに「高速車」「中速車」「低速車」と3区分に分かれて速度規制を実施していたが、自動車性能の向上から、1992年11月に法定速度60キロ(軽車両は時速30キロ)に統一化され、区分は廃止されている。「高・中速車」の標識は、その名残

 上述の記事にもある通り、写真家ののがな氏が指摘する「道路標示が残っている所はレアもの」だが、私が訪れた所は、道路標示までは流石に残っていなかった。ただ、標識が今でも根強く残されているのをみると、大分県は道路整備には前向きな一方で、維持管理や交通監視に関してはまちまち感があるのかもしれない。

f:id:fuwafuwaame:20201028200804j:plain

周囲の景観から察して、時間が止まってりゃ。。

f:id:fuwafuwaame:20201028200524j:plain

ド田舎に高速入口標識。ギャップ萌えを体験するに最適。