そらマメさん道路局

以前のブログから、道路関係と一部の公共交通の話を分離させたもの。鉄道関係・新聞流通の話は、別ブログで。

年の初めはETC休日割引が適用されません(2021年12月10日付)

www.c-nexco.co.jpwww.mlit.go.jp

f:id:fuwafuwaame:20211213163458p:plain

上述の通り。国土交通省(政府)方針による対応です。

 8月4日の社会資本整備審議会(道路分科会・国土幹線道路部会)における中間答申として、繁忙期にはETC休日割引を無効化する方針が決定したため、答申に基づいて休日にあたる来年1月1日~3日までは通常料金で運用する。但し、深夜割引やマイレージ積み増しなどは継続されるため、Uターン客は深夜時間帯の移動を狙うのもいいかもしれない。

2022年の高速道路における道路行政の変更点

  • 首都高速の最大通行料金を、現在の1,320円から最大1,950円(営業キロ)まで引き上げ。大口・多頻度制度の充実化や、深夜割引の導入、NEXCO線のりつぎ対応などで臨機応変に利用できる環境にする。
  • ETC専用化社会実験がスタート(国土交通省・政府方針)。手始めに、首都高速の34箇所出入口、C3東京外環道の一部(戸田西・東)、C4圏央道の一部(相模原・八王子西)・E20中央道(稲城)で運用開始。
  • 引き続き、大都市間移動型の幹線道路におけるリニューアル工事の実施(E1東名・E1名神・E4東北道・E20/E19中央道・E2A中国道など)。