そらマメさん道路局

以前のブログから、道路関係と一部の公共交通の話を分離させたもの。鉄道関係・新聞流通の話は、別ブログで。

繁忙期の休日割引無効化

www.mlit.go.jp

f:id:fuwafuwaame:20220318172629p:plain

 繁忙期(春の大型連休・盆休み・年末年始)において、過剰な交通量による渋滞を出来るだけ回避・分散するように講じるもの。同時に、観光需要を特定のシーズンに偏らせず、尚且つ、実質的に「冷やかし」同然となっている休日割引そのものの見直しに着手する。

 国土交通省(日本政府)が指示し、NEXCO・JB・宮城県道路公社が定めるETC休日割引の除外日は、下記の通り

春の大型連休

 4月29日から5月8日まで。平日はそもそも無割引である。

f:id:fuwafuwaame:20220318172641p:plain

8月のお盆休み

 8月11日~8月14日。12日は平日となるため、休日割引そのものの対象外となる。

f:id:fuwafuwaame:20220318172655p:plain

2022年~2023年の年末年始

 12月31日~1月3日。来年の1月2日は元日の振り替え休日になっているが、そんなのどうだっていい。

f:id:fuwafuwaame:20220318172704p:plain

利用者全員で「渋滞よけ」に努めましょう

f:id:fuwafuwaame:20220318172719p:plain

 繁忙期に高速道路を使うと、必然的に混雑が生じるばかりでなく、普段は高速道路を使わない「サンデードライバー」の乱入などで、本来あり得ない「旅行速度無視」な環境になりがちである。基本的なこととして、混雑を避けるためのワザとしては、

  • 一番混雑が起きやすい「ピーク日」の利用は控える。
  • ピーク日に走る場合は、比較的交通容量に余裕がある0時~7時と、21時~0時の間に通るのがおすすめです。
  • トイレ休憩はムリして巨大なサービスエリア・パーキングエリアには寄らず、中小規模のパーキングエリア(出来ればトイレ・自販機のみ、少し多めに見て売店・食堂のみの場所)で済ませる方が、駐車場待ちを回避できます。
  • 別の高速道路で迂回する手段もご検討を。東名・新東名・中央道ならば北陸道迂回、山陽道ならば中国道迂回、といった具合に。
  • 繁忙期をズラした旅行組み手も検討を。
  • そもそも、鉄道・航路・空路は、繁忙期特別料金を課すのが一般的です。

 念のためだが、休日割引が無効化されても、繁忙期に帰省したりイベントなどが開催されるから出向くわけであり、通常料金のままであっても劇的な効果は期待できない。単純に「用がなければ繁忙期に高速使うな」程度のものなので、みんな連休は高速使ってどこか行くでしょ?