そらマメさん道路局

以前のブログから、道路関係と一部の公共交通の話を分離させたもの。鉄道関係・新聞流通の話は、別ブログで。

山陰道・長門市区間のルート選定(長門三隅~長門湯本)

www.cgr.mlit.go.jp 山口県内のE9山陰道のうち、長門市区間である(長門)三隅インターと長門湯本温泉インターとの間を結ぶルートがこのほど確定した。

長門三隅長門湯本における、山陰道の計画線(詳細な位置は未確定)

 ルートは沿線自治体からのヒアリングなどを通じて、既存の国道191号・国道316号に並行する形で、出来るだけ長門市中心部を通るコースになる。途中、仙崎港へのアクセス道路と接続するインターが設置される方針。

 他の案として、長門三隅長門湯本をダイレクトに直線で結ぶものも用意されていたが、それだと長門市中心部・仙崎へのアクセスが非常に悪く、市街地旋回と比較しても、所用時間の面で大差ないことから、市街地経由が選定された。

 益田市にある須子インターから西側の山陰道は、国道191号のバイパス道路扱いで整備・供用されているが、長門三隅長門湯本を境にして国道491号(厳密には主要地方道・下関長門線)のバイパスとして整備され、下関市小月地区にあるE2A中国道・小月ICと接続する方針。長門市区間のルート選定が確定したことで、概ね、益田・須子~下関・豊田までに関しては一部を除いて、ほぼ全区間において道路整備事業が進んだことになる。残るは田万川~宇田郷、豊田~小月の部分。

 未開通区間だらけの山口県で、次に開通するのはどこになるのだろう?

佐伯弥生PA 下り方向着手へ

corp.w-nexco.co.jp

www.data-max.co.jp 大分県佐伯市弥生にある、E10東九州道・佐伯弥生パーキングエリア。上り方向は大分県の請願の末、既存の空き地を活用して2019年9月23日に開業したが、この地点では下り方向は未着手だった。

 その後、下り方向にも増設されることが決定。入札情報では、「令和3年度 東九州自動車道 弥生工事」という名称になっており、2022年3月地点で奥村組土木興業・小田開発工業の2社による共同企業体(JV)と、それに複数の土木事業者が参加する形で建設する。工期は2025年1月1日まで。

上り方向の佐伯弥生PA全景

展望台近くにある非常電話で、佐伯弥生の文字列を確認。

 上り方向は2020年7月に初めて立ち寄った。

 元々は東九州道の弥生地区整備にあたり、工事関係車両などが行き来しやすいように作られた仮設ポイントに過ぎず、当初からパーキングエリアとしての活用は未確定な所があった。それ故、パーキングエリアにしては面積が狭く、駐車スペースもかなり限定的。下手すると交通量が疎らなデータイムですら満車になることもあり、期待とは裏腹に気軽に立ち寄れる休憩施設とは言えないと思った。

 下り方向の新設においては、4車線化事業ついでに実施されるもので、佐伯弥生PA~佐伯インターまでが拡幅の対象となっていることから、折を見て開業する見込み。

www.mlit.go.jp

 ちなみに、Googleの空中写真サービスを利用して確認すると、上り方向の休憩施設と対をなす形で、小規模な空き地を確認することが出来る。

ここに下りを設置?

 この場所はNEXCO西日本の管理用施設になっているが、実際に4車線化となった場合、ここで上下線の拡幅ポイントが入れ替わるように設計されているため、当該箇所は下り方向の道路に使用しつつ、改めてその東側に駐車場・トイレ類を整備するものとみられる。

 東九州道も、一本化した2016年当時と比較して交通量が増加傾向にあり、それ以前の飛び地開通時代と比較しても、旅行速度低下・休憩施設の厳しすぎる制限・事故多発件数の増加など、牧歌的な雰囲気が漂っていた10年前とは比較にならない状態になっている。過去と今を比較し、それに見合った道路サービスの拡大化を図るのは当然のことだと言える。

SA・PAの小ネタ (2)

 2022年1月に由布岳近くの温泉に出かけたときのこと。別府湾SA下りの本線流入ランプには、E10東九州道に鞍替えする前まで存在していた、GSを含めた休憩施設の利用に対する注意喚起が残されていた。

給油後はSAに戻れないが、宮崎県まで行くなら川南PAで給油は可能(謎)。
そもそも別府湾SAは大分自動車道じゃないし。

 別府湾SAの変則的な地形から、給油すると駐車場・購買施設に戻れなくなるのは事実だが、単にトイレ休憩する程度なら、約30km離れた大分松岡PAがあるし、宮崎県に用事があるならば、約200km以上離れた川南PAが夜間営業なしという条件付きで営業している。なので、これは時代に適した案内とは言えない。

 一応、別府湾SAにあるインフォメーションで「これ、間違ってるよ」程度に説明はしたけど、果たして今はどうなってることやら……。案外ほったらかしになっていたりして。

新旧共演は今も根強く残されている。

 なお、いわゆる新旧共演(JH・NEXCO西日本)で話題沸騰の「おさるの橋」モニュメントに関しては、2022年1月地点でもしっかり残されていた。コレはコレでJH時代を懐かしむ意味で、残しておいてソンはない。

名神集中工事2022(西日本目線)

corp.w-nexco.co.jp

夏の風物詩

 八日市インターから吹田JCTまでの区間で、2022年8月26日午後10時~9月17日午前6時まで、E1名神集中工事 for NEXCO西日本が実施される。この工事では、名神を利用する方々が安全・安心して走行できるよう、短期間で修復が可能な事案を一度に行う。主な工事内容は、下記の通り。

  • 痛んだ道路舗装・橋の床版補修工事。
  • 橋梁伸縮装置(ジョイント)の取り替え
  • 橋梁・道路照明設備・標識類の点検
  • 除草などの細々とした作業

期間中に名神を利用される方へ

常に最新の交通情報を

 アイハイウェイやGoogleマップの交通情報などで、最新の混み具合を確認できるほか、所用時間表示板・広域情報表示板で、直近の渋滞予想が把握できます。

工事区間の走行

 定期的に巡回車が走行しており、低速走行で交通を適正化しています。また、別の車線からの合流に伴う衝突事故を回避するため、一定の線区で片方向の車線を規制しています。

 もしも渋滞に巻き込まれたら。あなたはハザードランプを点灯し、後続車に合図をしましょう。

ETCを使いましょう(GoTo_ETC_Only)

 工事期間中、下記の線区をETCで利用した場合、通行料を名神連続利用と同じように調整する措置が行われます。

  • (西側)
    E1名神豊中インターより西側の各インター
    E2A中国道・中国豊中インターより西側の各インター(E2山陽道などを含む) / または
    E26近畿道(吹田・摂津北経由)・守口JCT以南の各インター(E24阪和道などを含む)
  • (東側)
    E1名神 大山崎インターより東側の各インター(E88京滋などを含む)
  • 適用条件:ETC利用時で、吹田⇔門真⇔久御山⇔瀬田東の各JCT間を、京滋・第二京阪近畿道で連絡する場合。

八日市インターより東側も要注意!

 八日市インターより東側の他社線でも、同等の工事が行われると聞いています。

E2A中国道リニューアル工事、始まるよ

kansai-renewal.com 次にE2A中国道(吹田~中国池田)で、終日通行止めが発生するのは、2022年10月4日~11月12日を予定しています。期間中、この線区は通行できません。広域移動はE1A新名神・E27舞鶴若狭道などを利用しましょう。

名神集中工事2022(中日本目線)

www.c-nexco.co.jp

夏の風物詩

 小牧インターから八日市インターまでの区間で、2022年8月26日ごご10時~9月17日ごぜん6時まで、E1名神集中工事 for NEXCO中日本が実施される。この工事では、名神を利用する方々が安全・安心して走行できるよう、短期間で修復が可能な事案を一度に行う。主な工事内容は、下記の通り。

  • 痛んだ道路舗装・橋の床版補修工事。
  • 橋梁伸縮装置(ジョイント)の取り替え
  • 橋梁・道路照明設備・標識類の点検
  • 除草などの細々とした作業

期間中に名神を利用される方へ

常に最新の交通情報を

 アイハイウェイ中日本やGoogleマップの交通情報などで、最新の混み具合を確認できるほか、所用時間表示板・広域情報表示板で、直近の渋滞予想が把握できます。また、みちラジアプリを使われる場合、機械音声とスマートフォンカーナビゲーションシステムの連動で、直近の交通情報を知ることが可能です。

工事区間の走行

 定期的に巡回車が走行しており、低速走行で交通を適正化しています。また、別の車線からの合流に伴う衝突事故を回避するため、一定の線区で片方向の車線を規制しています。

 もしも渋滞に巻き込まれたら。あなたはハザードランプを点灯し、後続車に合図をしましょう。

追い越せません・ワザと遅く移動していただきます

一宮JCT付近を通行される方へ

 一般道路を含め、昼夜問わず、とてもひどい渋滞が20km以上・確実に起きます。一宮・小牧付近を避けて通行する努力を心掛けるのはもちろんのこと、名古屋都市圏を通過する走行を行う場合は、極力、新名神伊勢湾岸道(または名古屋高速のりつぎ)を使いましょう。

長良川橋を通行される方へ

 長良川橋は現在、橋梁の床版に対するリニューアル工事が実施されており、幅員が著しく狭くなっています。ここも渋滞が起きやすいポイントであるため、ご注意を。

ETCを使いましょう(GoTo_ETC_Only)

 工事期間中、下記の線区をETCで利用した場合、通行料を名神連続利用と同じように調整する措置が行われます。

【経由地】

  1. E1名神 小牧IC、一宮IC
    E1東名 名古屋IC
  2. E23東名阪道 名古屋西JCT
    E1A伊勢湾岸 名古屋南JCT、東海JCT、飛島JCT

適用条件:1 or 2を名古屋高速・C2名二環経由で連絡し、経由地のインターまたはジャンクションをETCで連続利用する場合。1 or 2以外の場所から乗り継ぎした場合は、調整されません。

 一般道路からの乗り継ぎ調整も行われる。詳しくは「名神集中工事」公式サイトで。

八日市インターより西側も要注意!

 八日市インターより西側の他社線でも、同等の工事が行われると聞いています。

都城~末吉を作るかも?

「都城末吉道路」建設を 都城市など促進協設立
宮崎日日新聞 2022年8月19日付)

構想線(具体的な位置を示したものではありません)

 みんなが待ち望んでいた、E10宮崎道・都城インターとE78東九州道・末吉財部インターとの間を、都城志布志道路・平塚インター付近から分岐して、末吉財部インターと直通化させるバイパス道路の構想。既に建設促進団体の設立や、具体的な行動へ向けた計画等は進んでおり、11月に促進団体の設立→請願へ向けた活動を行っていく方針だという。

 ……ホントこれ。大隅地方を半周する東九州道の整備と出来るだけ同時期に、この短絡線の建設も行って欲しかったね。私が生きてる間に実現するだろうか。

BRTひこぼしラインの現状

 添田駅より南側の日田彦山線に関しては、路線バス+バス専用道の組み合わせで運用する日田彦山線BRT(ひこぼしライン)」の整備が進められており、2023年夏の供用開始に向けて工事が進められている。

 工事に着手して1年以上が経過し、既存の鉄道施設も随分と撤去・土に還ったところが目立つようになってきた。

添田駅彦山駅

添田駅では、バスと気動車の対面乗り換えに対応するためのかさ上げ工事が実施されていた。

旧・1番線及び2番線跡地を活用して、バスの方向転換を行う機構の工事を行っている。

添田駅の近くにある踏切跡地。線路は撤去され、草が生い茂って土に還っていた。

畑川(医院前)駅予定地。踏切廃止に伴い、交差点の向きが変わった。

偶然にも線路を撤去する工事に出くわした。ナムナム~

豊前桝田駅跡地。線路は無くなったが、まだ当時の痕跡は色濃く残る。

バス専用道の道中に設置される深倉駅予定地。線路が無くなり、道路に切り替わっていた。

ひこぼしラインの駅一覧

www.jrkyushu.co.jp ひこぼしラインの公式サイトでは、道中に存在する駅(バス停)一覧が正式に公表された。以前の鉄道時代とは比較にならないほど停車駅が増えているが、ざっくり言えば

  • 添田町:町営バスの停留場とほぼ同位置
  • 東峰村:全線バス専用道で、新たに「棚田親水公園駅」を筑前岩屋~大行司の間に新設。
  • 日田市:現行の代行バス停留場に加え、約5~6駅ほど追加。

駅一覧(JR九州より引用)

 と、このようになっている。添田町・日田市区間は、代行バス・町営バス停留場とほぼ同じ場所に作られるため、単に駅めぐり(謎)をする程度ならば、今の段階でも理論上は可能である。一方で駅名に関しては町営バスと一致しないものもあり、例えば添田駅の隣・畑川(医院前)駅は、町営バスだと隣接する病院の名前がそのまま設定されている。

???「中立性を守ろう」

 バス専用道区間では、前述の棚田親水公園とは別に、新たに深倉駅が新設される。これは釈迦岳トンネル(彦山~筑前岩屋)の添田側にある集落に存在した踏切跡地を活用したもので、その地域に住む住人たちへの配慮から生まれたもの。

深倉駅予定地。元々はここに踏切があり、鉄道時代は単なる通過点に過ぎなかった。

夜明・日田方面の専用道区間。鉄道時代、ココをマジマジと見た覚えはない。

 気になる工事だが、鉄道施設の撤去は殆ど完了している一方で、BRT転換に掛かる設備更新などはまだまだ。確かに今年中に完成できるような状況ではなく、専用道そのものが完全に仕上がるのに来年3月~6月は掛かると予想する。実際にはそれに試験運行(バス専用道区間の模擬演習・乗り換えなど)を何度か行う必要があるため、やはり来年の今頃になって、ようやくひこぼしラインをまともに見ることになるだろう。

 ひこぼしラインで18きっぷ・満喫きっぷが利用できる場合、確実に乗ってみたい。ある意味、西九州新幹線よりもワクワクするかも?