そらマメさん道路局

以前のブログから、道路関係と一部の公共交通の話を分離させたもの。鉄道関係・新聞流通の話は、別ブログで。

大分県の市町村標識考察(1) 臼杵市編

 大分県内の市町村標識(101・102A/102B)は他の自治体と異なり、市町村名にご当地イラストを追加したデザインで構成されている。平成の大合併後は、シンプルに市町名のみの再設置に変わりつつあるが、大分県の「一村一品運動」を継承してか、合併前のご当地標識をそのまま残す傾向にある。そんな、北海道のような標識を数多く残す大分県のご当地標識を、随時、解説していく。

 まずは臼杵(うすき)市」から。

旧・臼杵市

f:id:fuwafuwaame:20220301192404j:plain

合併前の臼杵市

 臼杵市は2005年1月1日に、隣にあった大野郡野津町と合併。面積こそ広くなったものの、人口密度は合併前よりも低くなり、人口減に悩まされる土地柄である。また、隣の大分市佐賀関と同様、豊後水道の西寄りの場所にあり、大分県東部のリアス式海岸(日豊海岸)の最北端に位置する。臼杵港では四国島へ向かうフェリーが運行されており、愛媛県南予地域(八幡浜・大洲・宇和島)との結び付きも強いとされる。

 市町村標識のデザインは臼杵のフグ・臼杵城臼杵湾で獲れる魚介類は数多くあるが、その中でも身が引き締まったフグは評判がよく、臼杵港周辺を中心に多数の専門料理店があることで知られる。豊後水道における潮の流れが速く、魚も活発に動くからだろうか。

 なお、推薦店に登録された店舗では、かぼす入りのポン酢でフグの刺身を提供している所もあるという。美味しそうだ……。

 背景画は臼杵城。中世から近世にかけて存在したお城で、戦国時代に府内大友氏館より拠点を移した大友宗麟(おおとも-そうりん)によって設立されたとされる。江戸時代には旧・臼杵藩の藩庁が置かれ、南蛮貿易の拠点にもなった。周辺は城下町が整備され、現在でもその街並みをできる限り残していることから、観光スポットとしての地名も高い。

 ちなみに、旧・臼杵市の名物とされる臼杵磨崖仏(うすき-まがいぶつ)は、残念ながら標識デザインにエントリーされず。

旧・野津町

f:id:fuwafuwaame:20220301193958j:plain

旧・野津町

 野津町のデザインは、とんちの名人とされた吉四六(きっちょむ)さん」がそのまま描かれている。実は架空の人物であり、江戸時代の豊後国野津院(→野津町→臼杵市)の庄屋だった、初代・廣田吉右衛門がモデルになっている。

 野津町の市町村合併はやや微妙なところがあり、合併前は大野郡に属していたことから、同じ大野郡の集合体で誕生した豊後大野市編入されるはずだった。しかし、野津町は合併前から臼杵湾沿いの臼杵市と接点が強く、内陸に面した豊後大野市よりも臼杵市と合併する方が、行政面・文化面どちらにも理に適うという理由で臼杵を選んだとされる。

 

次回は豊後高田市の話をしましょう。