そらマメさん道路局

以前のブログから、道路関係と一部の公共交通の話を分離させたもの。鉄道関係・新聞流通の話は、別ブログで。

中国道リニューアル工事(阪神地域)の広告、どこが隅っこなのか?

corp.w-nexco.co.jp 中国道(吹田JCT~宝塚)の床版取り替え工事を実施するにあたり、京阪神はもちろんのこと、遠く離れた地域でも、京都・名古屋方面⇔神戸市街・岡山方面を中国道経由で連絡する客層が想定されることから、2021年度の段階で早々とリニューアル工事を促す告知を出してきた。

 この芦田愛菜さんのポスター、九州道(北九州・福岡地区)でも普通に散見され、熊本地区でも確認できたことから、極端に離れた鹿児島ではどうなのかってことで桜島SAに出向いたところ、普通にあった

f:id:fuwafuwaame:20220408190803j:plain

f:id:fuwafuwaame:20220408190815j:plain

リーフレット・ポスターが平然と施設内にある。

 鹿児島から阪神地域という利用、大抵は貨物車になるだろう。ただ、GW・盆休み・年末年始は一時的に工事が休止状態になるものの、無理やり片側2車線縛りになることから、小型車を中心に中国道に入ってくることが想定される。そのため、国の方針として「事前にちゃんと告知しておきましたよ」程度のことはしている。

 奈良・和歌山方面に関してはどうしようもないため、新名神名神⇔京滋・第二京阪経由、または阪神高速などで迂回するか、もしくは工事が実施されている期間中は、別の交通手段で連絡するか、などの行動が鍵を握る。

 

 

 

 ……なお、芦田さんが担当するエリアは、あくまで阪神地域の中国道であり、中国支社が所轄する佐用~下関にはご出席されてません。

corp.w-nexco.co.jp 東日本・中日本のように、特定人物が主体となって工事情報を伝えるわけでなく、地域ごとに対応が異なるというの、個性的で良いんじゃないんですか?自分はあまり意識してません。工事による対面通行に巻き込まれたら「何の工事してるのか」と気になる程度です。

f:id:fuwafuwaame:20220408192644j:plain

2022年度もリニューアル工事にお付き合い下さい。