そらマメさん道路局

以前のブログから、道路関係と一部の公共交通の話を分離させたもの。鉄道関係・新聞流通の話は、別ブログで。

中国道リニューアル工事2021(予告編 with インフォメーションの芦田さんからのご通達)

kansai-renewal.com

 広川SA上りに出かけた時の話。まだ九州島だというのに、遙か遠く離れた京阪地域で実施される、中国道リニューアル工事2021年度のパンフレットやポスターを確認することが出来た。

f:id:fuwafuwaame:20210407154555j:plain

なぜ九州島に?

 NEXCO西日本の中期計画の中で、老朽化した高速道路の根本的な改修工事が実施されることが明記されており、昨年も実施した中国道リニューアル工事を今年も行う。

 その際、昨年のフィードバックを活かしており、以前のリニューアル工事のチラシ類は、最低でも中国道・美東SAから頒布されていた。それが更に区域が拡大し、九州北部までその広報を用意している。

 前回は単に吹田~池田で昼夜連続通行止めになる程度に留まっていたが、今回は吹田~池田の通行止めに加え、池田~宝塚の片側3車線区間も幅を狭くする形で工事を行うため、中国道経由だと激しい渋滞が起きる。そのため、京阪神地域へ向かう客に対し、相当の警告を発することで、出来るだけ新名神に逃げてもらう方向で広報活動が行われている。

 また、この工事は今後も約4~5年の月日をかけて行うため、時間帯や出発時刻を問わずに京阪神に向かう場合は、不必要に中国道を利用するのは自粛した方が良いだろう。

f:id:fuwafuwaame:20210407155549j:plain

新名神に行こか!

f:id:fuwafuwaame:20210407160549j:plain

(他社線)中国道で巨大工事か
(他社線)ほ~、そりゃ大変ですなぁ(九州人目線)

 広報活動とは言え、以前に比べるとパンフレットの入手ハードルが少し低くなったため、今後、おでかけする時は主要SAで必要最小限分のコレをもらって保管しとこうかと。あと、芦田愛菜さんだからなのか、ちゃんと昨年度の分もとっといてる^^;

中国道リニューアル工事のお約束】

  • 今回の工事は、道路の高架下にある床版の取り替え工事を軸に行うものです。吹田~池田は一切通行できません。また、池田~宝塚でも同じ工事を行うものの、昼夜連続対面通行の形で運用するため、強烈な渋滞が必ず発生します
  • 新名神阪神高速舞鶴若狭道・京都縦貫道など、別の経路で迂回を。
  • 渋滞予測時間はアテになりません。どうしても直近の情報を知りたい場合は、道路標識にある到達時間予想を確認するか、Googleマップの所要時間検索で。
  • 新名神(神戸⇔高槻)に迂回し、宝塚北SAで休憩する場合、事前に用意されたアプリを使って走行経路が確認できた場合には、もれなく割引クーポンが発行されます。
  • 新名神経由で移動し、均一料金区間近畿道へ迂回通行した場合、ETC・ETC2.0に限り、通行料が割高にならないように調整します。