そらマメさん道路局

以前のブログから、道路関係と一部の公共交通の話を分離させたもの。鉄道関係・新聞流通の話は、別ブログで。

NEXCO西日本管内のETC専用化

corp.w-nexco.co.jp 2023年春から、下記のインターチェンジがETC専用に切り替わる。正しくセットアップされたETC車載器と有効なETCカードがない場合、当該インターでの乗り降りは一切できないので注意を。

 西日本管内でのETC専用化は、実は少し前に情報をキャッチしていた。というのも、高知道レポート作成を理由に高知県内をドライブしていたところ、なぜか伊野インターの標識に不自然な「ETC専用」と書かれた標識がマスキングされる形で設置されていたから。念のため料金所に確認したところ、時期は未定だが、このインターはETC専用化すると発言された。

伊野インター出口標識には、マスキングされながらも「ETC専用」と書かれた標識が追加されていた。

出口レーンで一般(非ETC)が退出しようとしても、2023年春以降は追い返されるはず。
「一般レーンでお申し出を」は「サポートレーンでお申し出を」と書きかえが出来るようになっている。

料金所そのものは特に変化なし。

 こう見てみると、ETC専用化に選ばれた料金所は、元から客の出入りが極端に少ない所と、一定の利用者はあるにしても、社会実験的に選抜した所とで分かれている京阪神地区は大量のクルマが行き来する際の対策が主たる理由で、他はスマートインター並みに降格しても特に問題ないと判断し、選抜したのだろう。

 まずは出入りが限定的な所から慣らしていき、その後で徐々に交通量の多い線区でも遠慮なく導入し、最終的には2030年頃を目処に全ての料金所が完全ETC化する。移行はお早めに。