そらマメさん道路局

以前のブログから、道路関係と一部の公共交通の話を分離させたもの。鉄道関係・新聞流通の話は、別ブログで。

ご当地ナンバー再編 福岡県編(机上の空論)

trafficnews.jpwww.mlit.go.jp 条件を緩和するご当地ナンバーの条件は、下記の通り。

  • 単独市区町村の場合:登録車が10万台以上であり、かつ、登録車と軽自動車を合計して17万台以上確保されていること。
  • 複数市区町村の場合:登録車が5万台以上であり、かつ、登録車と軽自動車を合計して8.5万台以上確保されていること。
  • 単独市区町村の場合、意向表明は2022年11月30日まで。複数の場合は2022年8月31日まで。

 この条件をもとに、福岡県内にある4つのナンプレを無理やり細分化するなら、こんな風になると思う。

福岡ナンバー再編

北九州ナンバー廃止・再編

筑豊ナンバー廃止・再編

久留米ナンバー

 ……まるで「平成の市町村合併」である。

 福岡県には合計4つの地域ナンバープレートがあるが、ぶっちゃけ、今のままで十分に地理関係が分かるし、特段不満に思っていない。

 ご当地ナンバーを無理やり増殖させるのは、運輸支局(ここでは九州運輸局)の事務処理を軽減させ、かつ、地域性に沿ったナンバープレートを策定することが主たる理由。ただ、福岡県にある4つのナンプレ、今更上記のように再分割したところで、「修羅の国ふくおか」の異名を払拭させられるか微妙なんだけどな。